2014
10.28

プリザーブドフラワーは生花には無い特徴がたくさんあります。
その最大の違いは長持ちする。ということでしょう。一週間ほどで枯れてしまう生花と違い、上手に保存してあげればプリザーブドフラワーは数年、展示用に環境を整えてあるものなんかは十数年もっているものもあります。
プリザーブドは日本語で保存という意味。つまり長持ちする花ということですよね。
他にも生花にはない特徴があります。


プリザーブドフラワーは花粉が飛ばない

生花は当然周囲に花粉を飛ばします。アレルギーを患っておられる方などは安心ですよね。また、その性質上お見舞いで病院にもっていく際にも安心できます。
花粉症や、においでもアレルギーの原因になってしまうこともありますから、そういった方へのプレゼントにはうってつけだと言えますね。
害虫が寄り付く心配もありませんから、安心して飾ってくださいね。


少し高価になっています

その独特の加工や手の込んだ工程を踏むため少し生花より値が張ってしまいます。
しかし上手に保存してあげれば長く楽しむことができますから、その値段の分楽しむことは十分できます。
その見た目は生花と差異がなく、みずみずしい姿を長く保ってくれるプリザーブドフラワー。生花との違いを区別してくださいね。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.