2014
03.17

プリザーブドフラワーは、樹液などを特殊な液体に漬けて枯れない加工を行い、人工的に色を付けたものです。この世に実際には存在しない花も、プリザーブドフラワーであれば再現できると言われています。このお花を風水に利用することは可能なのでしょうか?


プリザーブドフラワーを風水に活用

風水では、気というものを大切にします。そのため押し花など生きていないお花は飾らないほうがいいと考えられているそうです。プリザーブドフラワーに対する考え方も人によって違うのですが、枯れてしまったり、手入れが行き届かなかったり、生きた気がなくなるお花を飾るのであれば、キチンときれいに保つことのできるプリザーブドフラワーのほうが、いいと言われることが多いそうです。


ほこりなどをマメに掃除しよう

風水で大切なのは、その場所の空気をきれいに保つことです。生きた気を循環させて運気を向上させようというものですから、まずは飾るものはきれいに、ほこりなどをためずにおくことが大切です。プリザーブドフラワーも手入れの手間が生花のようにかからないからといって、ほこりがついているのにそのままにしてしまっては、意味がありません。お部屋をきれいに、空気をきれいに保つこと、空間が美しいことで、気持ちも潤いますから、最低限のお手入れはお花のためにも自分のためにも、大切です。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.