2014
05.30

プリザーブドフラワーのメリットの一つに人工的な色も作り出せる点にあります。着色料に漬け込むのですから、自分のお好みの色を付けることができるのは当然ですよね。この点、少し製造工程が似通っているドライフラワーに比べて柔軟性もありますし、自分の趣味やデザイン性を取り入れることができると言えるでしょう。


<例えばブラックなんかも>

全く黒いお花なんてそうそう見ませんが、プリザーブドフラワーでは簡単に作り出すことができるようになっています。ブラックの着色料に漬け込むだけで作り出せるのです。他にも、その花ではありえないような色を作りだすことができるでしょう。青色なども、人工的に作り出せる鮮やかな色です。


<自然な色も当然OK>

もちろん、自然な色を作り出すこともできます。そして、自分の裁量によって花につける色を強調して濃くしたり、あるいは薄くすることもできるようになっています。個人の裁量制によって色も自由に選択できると言っていいでしょう。ドライフラワーと違って色を自由に選択できるのがプリザーブドフラワーの大きなメリットかもしれません。また、イベントに合わせて色も調整できる所も柔軟性があるのではないでしょうか。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.