2015
04.30

プリザーブドフラワーは、贈るプレゼントに良いでしょう。
5月の第2週の日曜日なので、2015年は5月10日が母の日にあたります。
恒例行事やお祝い事、お見舞いなど、さまざまな場面で用いることが出来るプリザーブドフラワーを、一番近い母の日に贈ってみませんか?


プリザーブドフラワーは色を選べる

プリザーブドフラワーは、好きな色を着けることが出来ます。
生花を加工して作る過程で、一度脱色してから色を着けなおすからです。
そのため、青いバラや黒いバラなど自然にはないような色の花を作ることも出来ます。
また、花びらの中心とその周りで色の濃さを変えたりすることもできます。
相手の好きな色の花を選ぶことで、特別な贈り物として印象良く思われるでしょう。


お手入れが必要ない

生花とは違って、プリザーブドフラワーはお手入れが必要ありません。
花の世話をしなくても、保存方法さえ気をつけていれば数ヶ月から2,3年はそのみずみずしさを保ち続けます。
むしろ、日を浴びせたり水をあげたりすると劣化してしまうので、気をつけてください。
ひび割れや色落ちの原因になります。
そうなってしまった場合は、ハサミで切ってしまったりドライヤーで軽く風をあてて乾かしてみたりしてください。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.